*

2016年1月

韓国コスメ&料理に興味あります

韓流映画やドラマを見ていて、つくづく韓国の女性は肌がきれいだなと思います。キムチを食べる食生活なのか、コスメに秘密があるのか、興味が湧きます。
日本に韓国コスメの店や料理、エステなど現地へ行かなくても体験できる施設が増えています。今、韓国コスメで人気があるのは、ほうれい線や目じりなどにつける部分パックだそうです。次に人気を不動のものにしているマスクパック、そして照明クリームです。これは、まるで照明が当たったかのように美白効果があるクリームです。どれも低価格で試しやすいのがいいです。また、この韓国コスメを使って施術するカンコルギセラピーがあります。近場にできたら是非行ってみたいと思います。
料理の店で注目なのは、関東にオープンしたばかりの花を食べるお店です(ミスターサンチュ)。美白効果がある食べられるお花を豚肉やビビンバ、細麺に添えて食べるスタイルは、未経験です。ほんのりとお花の匂いを楽しみながら味わうのも最高でしょうね。おいしく食べてきれいになれるなんて嬉しい限りです。
詳しい情報については専業主婦でも借りれるこちらです。


モデルのような縦筋が見える腹筋

私が気になってる所はお腹周りです。5年位前までは昔流行ったダンスダイエットと適当な腹筋をやっていたおかげで、うっすら縦筋が見える程引き締まっていたのですが、今じゃ見る影もないです。縦筋どころかお腹の贅肉がしっかり掴めるほどになってしまいました。飽きっぽいのでパーツが良い感じになってくると止めちゃうのが悪いのはわかっているんですがなかなか・・・。コレじゃまずいとまた始めました。今回はダンスダイエット用の音楽だけじゃなくても、普段聞く音楽をかけながら腰を回しています。 メンズエステ宇都宮

なぜ遺言書が必要なのだろう?

遺言書と聞くと、「縁起でもない」「うちは財産ないから必要ない」といわれる方も少なくありません。しかし、逆に遺言書が無いとどうなるのかということを少し想像してみていただきたいのです。

 

多くの方は自分名義の家や車を持っておられます。また自分名義の銀行口座を持っておられない方はほとんどおられないことでしょう。これらは所有者が亡くなってしまった場合に自動的に誰かのものになるわけではなりません。

 

その価値のあるなしにかかわらず、必ず相続人全員が関係することになり、話し合いによって分割されることになります。そうなると大変困る人が出てきます。

 

たとえば、残された配偶者はその後の生活の基盤である家や預貯金を確保することができなくなることがあります。

事業を継いだ子供は事業用の資産が分割されて、事業の存続が難くなることがあります。

相続人同士が仲が悪いと、話し合い自体が難しくなり、いろいろなところに弊害がでてくるかもしれません。いいえ、仲の良かった家族が相続をきっかけとして断絶状態になるということは良く聞く話です。

一方、きちんと作成された遺言書があると財産は遺言書で指定されたとおりに分けられますので、相続人同士の仲が悪かろうが主張の激しい人がいようが関係なく、必要と思われる人に必要な分を渡すことが可能になるのです。

実際、多くの人は現在は渡せないけども自分が死んだら、あの人に渡したいというものを持っておられます。例えば、自分が今住んでいる家、使用している家財道具、自動車や船などは自分が生きている間は渡してしまっては困るけども死んだら誰かの手に渡ることになります。預貯金も同じことが言えます。

遺言書を作成しておくと、死後には相続人のうちの特定の人にそれらを託すことができ、また相続人ではない人や団体にも贈ることができるようになります。

 

さらに、遺言書があると相続の手続はかなり簡便になります。関係者の時間やストレスがずっと少なくて済むのです。このように考えると遺言書を作っておくことは家族のための、あるいは大切な人のための思いやりにあふれた行為であるといえるのではないでしょうか?自分で備える遺産相続こちらへ